墓じまい・お墓のお引越し(改葬)

墓じまい・改葬に必要な書類って?


墓じまいをするにあたり、考えなくてはならないのが、遺骨をどこに移すかです。遺骨を新たな場所に移すこと「改葬」と言いますが、どのような書類が必要になってくるのでしょうか?
基本的には、以下のような書類が必要になってくるケースが多いかと考えられます。

①現在の墓地(納骨堂など)・・・「埋葬(埋蔵)証明書」
②市区町村の役所・・・「改葬許可証」(役所で改葬許可申請書にて手続きを行ったうえで発行されるもの)
「死亡者の死亡年月日が記載されている証明書」(除籍謄本など)

③新しい墓地(納骨堂など)・・・「墓地(永代)使用許可証」・「受け入れ証明書」

このような書類が基本的に必要になり、手続きとして発生してくるものになります。

まずは、現在の遺骨の預け先である墓地や納骨堂などの管理者と事前に相談したうえで、確かにこちらで預かっていますよという証明書を発行していただく必要がございます。書式などは定まっておりませんので、管理者に発行してもらったものが証明書となります。
また、市区町村の役所で発行していただく「改葬許可証」はまず「改葬許可申請書」を提出したうえで発行されるものですが、申請書はその市区町村のホームページからもダウンロードできることが多いので、ご確認いただくのも良いかと思います。
また、この時点で、遺骨をどこに移すのかを決めておくことも多くの場合必要となります。なぜなら、改葬許可申請書を市区町村に提出する際、現在の遺骨の預け場所からの「埋葬(埋蔵)許可証」と、新たな受け入れ場所の「墓地(永代)使用許可証」または「受け入れ証明書」を添付する必要があるからです。このあたりも手続きの順序として注意しておくべき点です。

もし、現在の遺骨の預け場所が合葬墓などの、一度納骨をしたら取り出しをできないタイプのお墓だと、そもそも改葬自体ができなくなることになります。もし、この先、どのような管理をしていくのか、どの場所に遺骨を移すのかということも、納骨したら取り出しができるのか、できないのかということを理解したうえで、移動先を選んでいくことも大切です。

お墓には「使用権利者(代表者)」となる方がいます。もしかしたら既に亡くなられている方かも知れません。墓じまい、それに伴う改葬は、まず、権利者は誰なのかを確認し、家族や親族の他の誰かが手続きをする場合は、現在の遺骨の預け場所の管理者や、権利者がご存命であればその権利者やお墓などに関係する家族などと、どこに移すのか、それはなぜなのか、誰が中心として管理していくのかなど、話し合いをし、意見や意向をまとめて、手続きに移ることが非常に重要かと思います。
お寺などが関わる場合は、場合によっては離檀するなどのケースもありますので、どのように話し合いをしていけば良いのか、家族とはどこをポイントに話をすすめていくべきなのか、どのように移動先を決めればいいのかなどの、ご心配ごとが少しでもある場合は、お気軽にご相談いただければと思います。一緒に考えていくお手伝いをさせていただきたいと思います。

現在の遺骨の預け場所(墓地や納骨堂など)と新たに遺骨を移す場所が、同じ市区町村なら必要ないですが、それぞれが異なる市区町村の場合、死亡者の除籍謄本など、死亡年月日の記載された証明書の添付が必要となってきます。