墓じまい・お墓のお引越し(改葬)

お墓の選び方


みなさまはお墓について考えたことはあるでしょうか?今回はお墓を選ぶとき、どんな点に気を付けながら選んでいけばよいのかについて説明させていただきます。

近年「墓じまい」という言葉をよく聞くようになりましたが、その際、考えなければならないこととして、お墓をどのように閉じていく(撤去)していくのかだけでなく、遺骨をどこに移すのかということです。
今回は主に墓じまいに関連して説明させていただきますが、お墓を選ぶポイントは墓じまいをする目的によって選ぶということです。

例えば、お墓が遠方で、家族のだれも管理できない、お参りもできないという状況で、ただ、お墓(墓石という形)は大事にしていきたいという意向なら、主として管理されるお方を中心に、その方の住まいの近隣施設(公営・民間霊園や寺院納骨堂など)を中心に検討してみるのが良いように思われます。そうすることによって、主に管理される方の負担は遥かに軽減されますし、結局、管理が行き届かない場合のトラブルや家族内での揉め事につながるにくくなることが考えられます。

また、場所に関わらず、お墓の管理自体が難しくなったり、引き継ぐ方が誰もいない、または、いなくなるということや、自分の子供たちに負担をかけたくないという思いから、墓じまいを考えられる方は、近年非常に多くなっておりますが、そのような場合は、新たな墓石のお墓や、寺院などの納骨堂というのはあまりお勧めできません。
なぜなら、そのような形式のものについては、それまでと同じように誰かが管理をしていかなければならないからです。墓石のお墓(霊園など)はイメージしやすいですが、永代に渡り遺骨を預かるという納骨堂は、一見、負担も少なそうに見えるかも知れませんが、年毎の管理費の支払いであったり、法要の案内についての返答、管理者とのやりとりなど、負担は従来のお墓に比べれば格段に少ないかも知れませんが、遺骨を預けてそれで終わりとはならない所が多いのも現状です。中には、そういったことはなく、管理費なども発生せず、預けた遺骨は、数年経過後に、管理者の選定する合葬墓などに移されるというところも増えてきておりますので、費用やその後の管理の仕方などを中心に検討していくのも良いかと思います。

さらに、多くの人の遺骨を一緒に納骨する合葬墓なども最近は増えてまいりました。納骨にかかる費用と、法要費などで済む場合が多く、その後の管理なども不要なところがほとんどですが、一度預けた遺骨はその後取り出すことができないので注意が必要です。最近は、宗派を問わず、遺骨を配送受付し、様々な地域のお寺などに納骨するサービスも出てまいりました。
宗派を問わないところ、宗派を限定しているところ、合葬墓が一般寺院にある場合、そのおてらの檀家・門信徒しか預けられないところなど種類がありますので、その辺りも注意して選ぶことが大切です。

そして、最近は海洋散骨や、樹木葬などもよく聞くようになりました。海洋散骨は、その名の通り、海に遺骨を撒くという方法ですが、海だったらどこでも良いということではなく、船で数キロ先の沖に出て、決められたルールの中で行うことが一般的です。海洋散骨を実施している葬儀社などに相談し、日取りや、方法などを決めていくのが一般的な流れです。
樹木葬については、個人個人の遺骨を、樹木の麓などに納骨する方法ですが、これも好きな樹木のところに納骨していいというわけではなく、樹木葬を行うことができる霊園などが一般的になります。永代に渡り預かってくれ、管理なども不要な場合がほとんどであるため、これも近年人気のある納骨方法になります。

また、大切なペットの遺骨なども預けられるところも増えてきました。私も犬、猫と共に生活しておりますが、非常に大切で、家族の一員として生活しております。大切なかぞくだからこそ、そういった観点からも場所選びをしていくということも有意義なことかと思います。

いずれについても、注意したいところは、
①管理はどのように行うのか(必要性の有無)
②ある程度お参りしやすい場所か
③預けた遺骨はどのように扱われていくのか
④費用がどのくらいかかるのか
⑤管理者(施設側)の対応、雰囲気は納得できるものか

など、気を付けながら選ぶことが重要ですが、最も重要なのは、家族での話し合いとその中での合意です。あとで場所選び、納骨方法が原因となり家族間でトラブルにならないように、墓じまいをする段階から、しっかりと話をしていく必要があります。費用については、墓石や納骨堂の場合だと、数十万から必要になるケースが多く、樹木葬も数十万程度というところが多いかと思います。海洋散骨も船にかかる費用などが必要となるため、数十万かかります。
合葬墓については、1体(1名)につき数万円というところが多いかと思います。あくまで参考ですが、このようになります。

まずは家族での話し合い。まずはそこからです。家族間での話し合いが難しい、今あるお墓の場所の管理者とどのように話したらいいのかわからない、これからの場所選びがなかなかできないなどのお悩みがございましたら、当事務所までご相談ください。