墓じまい・お墓のお引越し(改葬)

墓じまいに必要な手続きと、納骨場所の選び方


「墓じまい」という言葉をお聞きになられたことがあるという方、そして、実際に考えているという方は近年、非常に増えてきております。
墓じまいに至るには、様々な事情があります。遠方のお墓であるため管理が難しくなった、引き継ぐ人がいなくなった、次世代へ負担となるものは残したくないなど事情は様々です。
実際に墓じまいをするという方は、どのような手続きと、また、どうやって新たな納骨場所を選んでいけばよいのか、非常に気になるところだと思います。

必要な手続きはお墓のある場所によって少々変わってきますが、基本的には
①お墓のある場所の管理者との話し合い
②行政手続き
③石材店や僧侶などとの打ち合わせ
④新たな遺骨の納め場所となるところとの話し合い
という流れが基本的なものとなります。

①主にお寺が管理している寺院墓地や、市町村などが運営している公営墓地、公益法人や民間の会社が宗教法人などから委託を受け運営している民間霊園(墓地)などがあります。納骨堂などの場合も同じような種類になります。それぞれ管理者が違ってきますので、墓じまいをするには、まずこの管理者と相談し、必要な手続きを進めていくことになります。

②主に改葬許可証を発行する手続きが必要となります。市町村により様式や流れも異なりますが、今現在どこに遺骨があり、どこに移すのかなどの情報が必要となります。④の新たな遺骨の納め場所との話し合いは、これらと並行して行っていくものとなります。

③実際に墓石を撤去する際に、石材店を介して撤去していくことになります。また併せて、遺骨の取り出しに関する法要が必要となりますが、まずは石材店やお付き合いのあるお寺がある場合は、そのお寺に相談してみることをお勧めいたします。

④新たな遺骨の納め場所は、今現在、様々な種類の納骨場所がある中で選んでいくことになります。墓地霊園や納骨堂、合同墓、海洋散骨、樹木葬などがありますが、合同墓や海洋散骨、樹木葬については、一度遺骨を納めた場合、取り出しができなくなる場合がほとんどですので、そのようなことも考えながら場所を選んでいくことも重要です。また、その納め場所が今後、永続性を持って運営されていくことが可能なのか(例えば倒産する可能性は今後あり得るのかなど)という観点からも考えていくことも重要です。

上記は非常に大まかな流れになりますが、墓じまいに重要なのは「話し合い」です。墓じまいをする前に、お墓に関する家族などとの話し合い、お墓のある場所の管理者との話し合い、新たな納め場所の管理者との話し合い。家族とは事前に確認をしながら、関係者の了解を得ていないと、後に揉めてしまう可能性を大きくさせてしまうことになります。よくあるのが「わたしは聞いていない、了解した覚えもないし、なんで勝手に進めたんだ」というトラブルです。まず、なぜ墓じまいをするのか、どこに遺骨を移すのか、今後誰がお世話をしていくのかなどを家族で話し合っていくことは必要不可欠なことと言えます。
また、遺骨を取り出す際、納めていた場所がお寺などの場合がありますが、その管理者(多くは住職)との話し合いも重要です。墓じまいをする理由、なぜ必要なのかなどをお伝えしながら、管理者の意見も聞き、双方に納得した形を取れることが重要なのです。その際、その墓地の管理規約があるはずですので、そちらを確認し、話し合いを進めていくことをお勧めいたします。管理規約には、先にお支払いをしている永代使用料についてや、石材店選び方、墓じまいをする場合に発生する金額などについても規定してあることがありますので、使用者、管理者の双方がそれを基に話し合いをしていくことが望まれます。公営墓地なども規約を確認しながら進めていくことが重要です。

当事務所では、お客様にご負担のかからないよう、納骨場所の管理者やご家族との話し合いのサポートだけでなく、必要な行政手続き、石材店の選定、法要の執行などについてもサポートをさせていただいております。
じっくりとお話を伺いながら、どのような場所に遺骨を移したいのか、これからどのように管理していきたいのかを一緒に考えながら、全面的なサポートをさせていただきますので、まずは当事務所にお気軽にご相談いただければと思います。