遺言書あれこれ

遺言は自筆で良い?


遺言を作成するに当たって、多くの方がまず思いつくのが自分で遺言を書いて作成する方法かと思います。
遺言の内容を紙に書いて、それを保管しておく。ドラマなどでもよく見る方法ですよね。
しかし、遺言を残すという方法はそれだけなのでしょうか?

遺言の作成方法には代表的なものとして「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3つがあります。
ここでは、特に作成されることの多い「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」について説明させていただきます。
まず「自筆証書遺言」ですが、これは上記でも説明させていただいた通り、自分で書いて遺言を作成する方法です。自分で書けることから、一番手軽に感じられ、好きな時にかけるのがメリットであると言えます。
遺言として法的に認められるにはいくつか要件がありますが、それらを満たせば正式な遺言書となるわけです。

次に「公正証書遺言」ですが、これは公証役場で公証人に作成してもらう遺言となります。手順については今回は省きますが、なぜ公証人に作成してもらう方法があるのでしょうか。
それは公証人が作成することにより法的に担保してもらうことができるからなのです。

自筆での遺言の場合、自分で作成するため、手軽さや費用が抑えられるという面もあるかもしれませんが、実際に相続が発生したときのことを考えると、あまり良くないケースが起きてしまう可能性も低くはないのです。考えられるもの以下の通りです。

①遺言書を相続人が見つけることなく、相続が進んでいく。
②相続人が遺言を隠蔽や偽造を行う可能性がある。
③そもそも法的に認められる要件を満たしておらず、遺言として効力は無効となってしまう。

このようなことが考えらえます。
せっかく自分で遺言を書いて保管していたとしても、相続が発生したときに相続人が見つけることなく相続が進んでいってしまうということは、遺言を書いた本人にとっては望んでいない結果であると思いますし、また、仮に相続人が遺言を見つけたとしても、相続人にとって不都合な内容であったり不満を抱いてしまう事柄があったりすると、相続人はその遺言を隠したり、はたまた内容を都合の良いように作り変えてしまう可能性だってあるのです。
そもそも、遺言として要件を満たしておらず、無効と判断される場合だってあります。
その要件はだれが確認するのでしょうか。
この場合は、その遺言が法的な要件を満たしているのかの確認を家庭裁判所が行います。これを「検認」と言い、手続きには相続人全員の戸籍謄本が必要になり、また検認自体にも時間がかかってしまいます。

想像してみてください。相続が発生するということは、大切な誰かが亡くなるということです。その大切な人が亡くなったとき、色々な手続きが必要になります。つらく悲しい思いのなか、役所関係の手続き、葬儀などの手配などその他にも色々なことで手一杯になりながら、今度は相続のことも考えなくてはならなくなるのです。
相続手続きのなかでは何カ月以内にという期限付きのものも多くあります。大切な人を亡くし、精神的に疲弊しきっている中で、相続人全員の戸籍を集め、検認を申し立てるのは大変なことかと思います。
ここでは触れるだけにしますが、相続放棄を行う場合は、相続発生時から3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てをせねばならず、本当は放棄したかったとしても、戸籍を集めたり、また、それらがスムーズにいかなかった場合、その期限を過ぎてしまうということも考えられます。
検認が終わり、無事に遺言が法的に有効なものとして認められたとしても、検認作業は、その遺言の内容の有効性までを担保するものではありません。あくまでも「形」が有効なものかどうかを判断するのであり、中身の書き方によっては、無効となってしまい、銀行での手続きや、不動産の名義変更などが出来ずといったリスクも考えられます。

自筆での遺言は、その手軽さやかかる費用などから作成しやすいものかも知れませんが、実は、いざ相続が発生したときには、大変な労力が必要となり得るものでもあるのです。
現在は法務局での自筆証書遺言の保管サービスが開始され、預ける段階で要件を満たしているか確認されるため、このサービスを利用した場合は、相続発生時の検認は不要となりますが、同じく中身を担保するものではないため、実際にその遺言を基に、銀行手続きや不動産の名義変更をスムーズに行えるのかというところでは、考えていかなければならないことではないかと思います。

「公正証書遺言」で遺言を作成した場合、公証人が遺言を残す人の希望を聞き、その内容に即した遺言を公正証書という形で作成しますので、要件はもちろん、内容までを法的に担保できるものとなり、相続発生時には様々な手続きをスムーズに行うことが可能となります。もちろん検認も不要です。
作成するには事前の準備、打ち合わせに時間がかかることなどがありますが、公正証書での遺言作成はそれだけの価値があるものと思います。費用についても、自筆に比べると高くなりますが、自筆の場合の考えられるリスクや、検認が必要な場合の時間や労力、費用などを考えると、決して高いものではないのではないでしょうか。自分が元気なうちに少々時間をかけて確実なものを残すか、自分が亡くなった後に、時間のかかる作業、起こり得るリスクを理解したうえで、自筆にするのか。

どちらにもメリット、デメリットはあります。詳しく知りたいという方はお気軽にご相談ください(^^)