墓じまい・お墓のお引越し(改葬)

墓じまい(墓石の撤去までの簡単な流れ)


みなさまは「墓じまい」と聞いて、どんなことを想像しますか?お墓を撤去して、そのお墓のあった場所を更地にする。
そのように考えられる方が多いと思います。現在の墓じまいは主に「墓石」の撤去が多く、その墓石の撤去については、お墓のある場所によって手続きが少々変わってきます。
例えば、お寺の中にお墓がある場合、墓じまいをする際は、その墓地一帯を管理する管理者【ほとんどの場合がそのお寺の代表役員(住職)】と相談をして、了承を得た上で、
墓石の撤去へと移っていきますが、お寺によって、その対応は様々です。宗派やお寺によっては離壇料を納める必要がある場合もありますし、その他にもしっかりと管理者と
話をしながら進めていくべきこともあります。
また、民間の霊園・墓地や、市町村などが管理している公営墓地などに関しても、それぞれの管理者と話をしながら、必要な書類を提出したり、また役所で取得するべきものが
あったりと、その都度、適切な手続きを踏んでいく必要があります。

いずれの場合も、お墓のある場所についての管理規約がある場合は、その規約を確認し、必要な手続きを見極めていく必要があります。
実際には、この他にも、石材業者さんや法要を勤める僧侶などが関わってきます。

そして、遺骨をどこに移すかも重要になりますし、その大前提として、お墓に関わる家族との話し合いも非常に重要なものとなります。

これらのことについては、他でもう少し詳しく書かせていただきたいと思いますが、自分の家のお墓の場合はどうなのか、個人的に詳しく知りたいというかたは、当事務所まで
お気軽にご連絡いただければと思います。