墓じまい・お墓のお引越し(改葬)

お墓じまい、お墓・遺骨のお引越し(改葬)の簡単な流れ


今回は、ここ何年かでよく耳にするようになった「お墓じまい」や「お墓・遺骨のお引越し(改葬)」の大まかな流れについてご説明させていただきたいと思います。
流れについては以下のようになっていくことが一般的です。

①お墓に関係する人に相談する。(家族や親族、お墓のある場所の管理者など)

②遺骨の行き先を決める。(納骨堂や霊園、樹木葬や海洋散骨など)
※①の関係者への相談を行う前に、おおよその目星はつけておいても良いかもしれませんが、家族などと相談していくことが大切です。

③改葬に関する書類手続き。(現在のお墓の管理者関係や、市や区などの自治体にかかるもの)

④お墓じまいに関する法要。(一般的には「閉眼供養」と言ったりもしますが、宗派などで呼び方や、内容が異なる場合もあります)

⑤お墓の撤去。(石材店が主な依頼先になりますが、現在の管理者と相談したうえで決めることが多いです)

⑥新たな場所へ遺骨を納める。(その際に、法要を行うことが一般的です)

以上が、大まかな流れになりますが、お墓じまいや改葬を考える際、まずは家族との話し合い、なかなか普段会うことのない親族とへの連絡、管理者への相談など、できるだけ慎重に話し合いなどを行いながら進めていくことが望まれます。あまり周りに相談せずに進めてしまうと、後々、家族や親族との間でトラブルを起こしてしまう原因にもなります。
家族間で何を話したらいいのか分からないという方や、円滑な話し合いをしたいという方は、お気軽にご相談いただければ嬉しいですし、関係する行政手続きや、石材店との話し合い、法要などの仏事についてもお手伝いをさせていただきます。
お墓じまい、改葬に不安な点があるという方は、まずはお気軽にご連絡ください。