遺言書あれこれ

公正証書遺言作成にかかる手数料


公正証書遺言は作成するにあたり、公証役場で公証人に支払う手数料が必要となりますが相続したい財産の内容・額に応じて定められております。手数料については、以下の通りです。

 

「100万円以下」・・・5,000円

「100万円を超え200万円以下」・・・7,000円

「200万円を超え500万円以下」・・・11,000円

「500万円を超え1,000万円以下」・・・1,7000円

「1,000万円を超え3,000万円以下」・・・23,000円

「3,000万円を超え5,000万円以下」・・・29,000円

「5,000万円を超え1億円以下」・・・43,000円

「1億円を超え3億円以下」・・・43,000円に、5,000万円ごとに13,000を加算

「3億円を超え10億円以下」・・・95,000円に、5,000万円ごとに11,000円を加算

「10億円を超える」・・・249,000円に、5,000万円ごとに8,000円を加算

以上のようになります。

 

(追記)

①遺言は、相続人、受遺者の各人ごとに目的価格を算出し、上記に基づいたそれぞれの手数料を合算したものが、公証人への手数料となります。

②相続する財産が1億円に満たないとき、上記手数料に(遺言加算)11,000円が加算されます。

③遺言の内容が、祭祀(さいし)の主催者の指定の場合、目的価格が算定できないため、手数料は11,000円となります。

④遺言を取り消す場合、11,000円の手数料がかかります。

⑤遺言者が病気などやむを得ない事由により、公証役場へ赴けない場合、公証人が遺言者の希望する場所まで出張することも可能ですが、その場合、手数料が上記額の1.5倍になり(遺言加算、11,000円を除く)、また、日当、旅費交通費が必要となります。