宗教法人あれこれ

そもそも宗教法人とは


ここではまず、宗教法人とは何かについて、簡単にご説明させていただきたいと思います。

わたしの家は浄土真宗本願寺派の寺院でございますが、世の中には非常に多くの宗教施設があります。仏教寺院や、キリスト教などの教会、神社などが、パッと思い浮かぶものとしてあるのではないでしょうか。

宗教法人法第2条では「宗教団体」について定められていますが、条文は以下の通りです。

第二条 この法律において「宗教団体」とは、宗教の教義をひろめ、儀式行事を行い、及び信者を教化育成することを主たる目的とする左に掲げる団体をいう。
一 礼拝の施設を備える神社、寺院、教会、修道院その他これらに類する団体
二 前号に掲げる団体を包括する教派、宗派、教団、教会、修道会、司教区その他これらに類する団体

第2条1項は、普段、私たちが目にする寺院や教会、神社などの個々の寺院などの宗教施設のことを指しており、2項は、浄土真宗や曹洞宗、日蓮宗などの宗派のことをです。宗教施設の多くはここで「宗教団体」として定義されているところです。この「宗教団体」が宗教法人法により「法人」となることができるのですが、それは、宗教法人法第4条において定められています。

第四条 宗教団体は、この法律により、法人となることができる。
この法律において「宗教法人」とは、この法律により法人となった宗教団体をいう。

宗教法人とは、この宗教法人法により法人格を与えられた宗教団体のことを言いますが、宗教法人として認められるには、まず、先の宗教法人法の第2条における「宗教団体」であることが必要であるため、宗教法人として法人格を与えられるまでには、長い時間が必要であることが伺えるところです。

宗教法人となるには、設立や管理などのことにおいて、他にもたくさんの事が法律で定められておりますが、宗教法人については、簡単に説明すると、以上のようになろうかと思います。