遺言書あれこれ

遺言書の種類


遺言書とは、自分が亡くなった後、自分の財産の分割、処理などについて、どのようにしてほしいかという意思をあらわしたものです。

ここでは、遺言書の種類について、簡単にですが、説明させていただきたいと思います。

まず、遺言書には「普通方式の遺言」と「特別方式の遺言」という、大きく分けて2種類のものがあります。「特別方式の遺言」とは死亡緊急時などにおけるものですが、多くの人が接することがあると考えられるのは「普通方式の遺言」ではないでしょうか。

では「普通方式の遺言」とはどのようなものがあるのでしょうか。「普通方式の遺言」は以下の3種類に分けることができます。

①「自筆証書遺言書」

・遺言者本人が自身で作成したもので、作成するに当たり、心理的なハードルが最も低いものかも知れません。遺言者本人が内容、日付、氏名を自書し、押印をするなど、定められた様式を満たすことで、作成された遺言書には法的な効力が認められることになります。

②「公正証書遺言書」

・公証人が遺言者から遺言の内容を聴き、作成する遺言書ですが、作成された遺言書は公証役場にて保管されます。また、作成に当たり、2名の証人が必要になります。

③「秘密証書遺言書」

・遺言者本人が自身で作成することが必要です。作成した遺言書を証人(2名)と共に公証役場に持ち込み、公証役場にその遺言書の存在を保証してもらい、遺言書の存在を確かなものとすることが目的となります。また、公証人、証人に遺言書の内容は知られることはありません。

 

今回は「普通方式の遺言」における3種類の遺言書について、簡単に説明させていただきましたが、また、別の記事にて、それぞれの長所・短所などについて説明させていただきたいと思います。