宗教法人の事業支援


宗教法人の事業の中には様々なものがあります。
墓地や納骨堂などに関することや、包括団体に関すること。事案によっては、契約書の作成などが必要な場面もありますし、行事などを行う際は、内容に合わせて、役所や警察などの官公署へ、申請や届出が必要なケースもあります。宗教法人の運営には、その都度、適切な処理や管理が求められております。
また、宗旨、宗派に関わらず、宗教法人を取り巻く環境はものすごいスピードで変化していっており、それにより、法人自体の変化も求められる時代になっております。宗教に対する世間の考え方、意識のされ方も厳しいものへと変化してきているように感じます。

だからこそ、官公署などに対して許認可の申請や届出が必要なものであったり、法人における規則の見直しや、檀家・門信徒の方々などが関係する法人活動においては、契約書や規則の作成など、透明性を持った法人運営が望まれます。諸行事の在り方、規模などを改めて考え、現状に即した形作りや、新たな方向性を見出していくことも必要でしょう。

当事務所では、宗教法人の運営にかかる様々な事案に対して、適切な処理・管理が行われますよう、書類作成や必要な処理など、また、それぞれの法人独自の活動・運営に関するノウハウを可視化し、法人の「これから」を一緒に考えさせていただくお手伝いをさせていただきます。まずはお気軽に何でもご相談ください。

・宗教法人の設立・合併・解散・移転など
・墓地や霊園、納骨堂に関する官公署への許認可申請や届出、また、規則作成、変更、管理などに関すること

・法人活動・運営方法の見える化(知的資産として残していく)
→詳しくは宗教法人の活動・運営の形の「見える化」をご参照ください

・幼稚園などの事業に関する許認可申請や規約の変更など
・行事などを開催する際に必要な許認可申請や届出など

宗教法人については、こちらもご覧ください→「宗教法人あれこれ」